節約とダイエット二つを同時に!長く続ける方法紹介

節約とダイエット二つを同時に!長く続ける方法紹介

By cagninadesign.com 0 Comment 2019年4月8日

日々の生活費で一番お金を使っているのは食費だという方は多いのではなでしょうか?

そこで今回は食費をいかに節約出来るかの観点から、効率良いお得な食材を用いたダイエット方法を幾つか紹介します。

卵料理を使ったダイエット

一つ目に紹介するのは卵を利用する節約とダイエット方法です。

卵は栄養バランスがよく様々な料理に使える万能食材ですが、実はコストパフォーマンスにとても優れていてMサイズ10個で200円ぐらいが相場で、さらに多くの大手スーパーでは○○円以上お買い上げだと、卵が98円と特売セールが定期的に行われている商品なのです。

そんなお得な卵をどうダイエットに用いるかですが、一番効果的なのはいわゆる卵を使った置き換えダイエット法です。

これは一日の食事3食の中で1食、肉や魚の代わりに卵料理に置き換えるという方法です。

多くは朝か夜を置き換え一番手軽な調理方法のゆで卵で食する事が多いのですが、成人の場合一日の消費カロリーが1500~2000kcalですがゆで卵は1個90kcalと低く、そのわりに高い満腹感が得られるのでダイエットにはうってつけの食材です。

もしゆで卵に飽きたら、味噌汁に溶き卵として用いる調理方法がおすすめです。

溶き卵で全体のボリュームが増しますし、味噌汁は様々な野菜との組み合わせれるので適当に作っても100kcal前後で野菜の腸内環境を整える効果も期待できます。

鶏肉餃子で節約しながらダイエット

鶏肉はダイエット食材で有名ですが、コスト面からみても牛や豚肉と比べて安いというのは明白です。

そんな鶏肉でのおすすめしたいダイエット料理は鶏ひき肉と玉ねぎを用いた餃子です。

通常餃子のレシピでは豚肉と白菜、もしくはキャベツを用いますが今回紹介するのは鶏肉です。

鶏肉は豚肉より2、3割安価ですが旨味が豚肉に劣るというのが一般的な評価ですが、そこで餃子の皮で包む事で旨味を閉じ込め鶏肉でも旨味のある料理を作るのが目的です。

さらに加える野菜の玉ねぎの独特な香りにはポリフェノールとアリシンという成分が含まれており、これは血流促進させ体を温め脂肪燃焼効果を促すという効果を期待でき、味も鳥ひき肉と相性もバッチリです。

玉ねぎは食感を残すために大きめにみじん切りにして、ゴマ油などを加えて後は通常の餃子のレシピ通り作れば完成です。

まとめて多めに一気に作って冷凍して、食べたい時に使えばその分コスト的にお得になります。

もやしをメインにしたあんかけ料理でダイエット

安価な食材といえばもやしで、一袋30円ぐらいが相場で低カロリーな食材です。

そんなもやしを用いた調理方法で今回紹介するのはあんかけです。

これはもやしをメインにゆで様々な味付けをする事が可能で、カツオだしと醤油をベースに和風に仕上げたり、鶏ガラとごま油で中華スープ風にしたりと汎用性が高いので飽きずに献立のローテーションに加える事が出来ます。

もし飽きるなら他の野菜と組み合わせたり、豆腐や大根といった低カロリーかつ低コストの食材で組み合わせる事も出来るので、あんかけは是非おすすめの調理方法です。

さらにあんかけ以外にもダイエット料理として有名なサラダにも使用できて、その際はもやしを半分の長さにカットしてキャベツの千切りなどに混ぜると見た目も鮮やかで、全体的ボリュームも増してお得なサラダが作れるのでおすすめです。

今回は低コスト食材で節約しながらダイエットという観点で、食材の選び方とその調理方法を紹介してきました。

この食材での置き換えダイエット方法なら食費もかなり節約でき、3食の内1食変えるだけでも月単位で見ればかなり節約でき、その分浮いたお金でさらに美しくなれる美容方法を試せたりジムに通う、または自主トレーニングを行えば食事制限だけでは手に入らない美しい肉体作りも可能かと考えます。

※スタッフが施術するおすすめ痩身エステ紹介 → レッツ痩身