美容や健康のための自己投資が、無駄な出費を減らすことに繋がる

美容や健康のための自己投資が、無駄な出費を減らすことに繋がる

By cagninadesign.com 0 Comment 2019年4月1日

美容のためにお金をかける方法の一つにエステがあります。

私もかつて美容のために痩身エステを利用していました。

私の場合は2年近くエステサロンに通ったので、お金もかなりかかってしまいました。

しかし、今になってみると、あの時にエステで自己投資をしておいて良かったと思っています。

自己投資としてエステを利用する

ダイエットや脱毛、またはフェイシャルエステやリラクゼーションなど、エステを利用する目的は人それぞれです。

ですが、目的は違っていても健康的な美しさを目指していくという点では同じです。

さらに1回だけのエステではやはり十分な効果を得ることができません。

そのため、どうしてもしばらくエステを続ける必要が出てきます。

エステの施術料金は内容にもよりますが、決して安くはありません。

私はエステを利用するまでは、我流でダイエットをやっては失敗を続けていました。

そこでプロに手を借りて痩せたいと思うようになり、痩身エステを受けることにしました。

その時に感じたことは、今まで美容や健康のことに無知だったということでした。

美しくなる本当の目的は、自分らしく生きるために健康な心身を作っていくことだと思っています。

なので、私の場合はエステでいろいろなことを教わることで、自分自身と向き合う良い機会となりました。

痩身エステはサロンでの施術だけではなく、自宅でもセルフケアが必要です。

また、自分自身を見つめていくことによって、徐々に自分の体調が自分で分かるようになっていきました。

結局、痩せる為にエステに通っていたことが、健康な体を作るために方法を学びに行っていることに繋がっているのだと知りました。

美容や健康のための自己投資は、医療費の削減に繋がる

私はエステに通っていた経験があったので、その後、エステに通わなくなっても自分の心身の健康管理をしやすくなったと思います。

太りにくい生活習慣が自然と身に付くようになりました。

おかげで医療費もほとんどかからず、周りの人と比べてみても、かなり医療機関を受診することは少ないと思っています。

私の場合はエステという高額な自己投資をしたことで、年齢を重ねても医療費がかさんで困ってしまうようなことがなくなったと思います。

健康な心身を維持していくことは、ある意味お金の無駄使いを無くしていくことに繋がると思います。

日本では医療機関を受診しても、3割程度の負担で治療を行うことができます。

また、入院や手術になったとしても、高額医療制度があるので、自己負担を抑えることが可能です。

それでも何らかの病気が長引いて、ずっと通院を続けているような状態だと、その分お金がかかってしまいます。

普段から自分の心身の状態を把握し、きちんと自己管理をしておけば、医療費もほとんどかけずに済むと思います。

幼少期に病弱だった子供が何らかのスポーツをやることによって、健康な心身になっていったという話をたまに耳にします。

やはり美容も健康もそれを維持していくためには、体を動かすことが必要だと思います。

エステの場合は体の一部、または何箇所かを動かすことで、新陳代謝を上げ、血流やリンパの流れを良くする効果があります。

運動を行うことで、これもまた新陳代謝を上げることができます。

どちらも脂肪を燃焼して行き、筋肉量を増やし、引き締まった体を作っていくことが期待できます。

まとめ

体が動くようになると、作業効率を高めることができます。

同じ時間でもより多くの作業を楽にこなすことができるので、結果的に生産性が高まってきます。

また、脂肪が多すぎると動くのが億劫に感じてしまい、それがストレスになってしまうという悪循環を起こす可能性があります。

なので、運動をしたり、自分で痩せるのが難しい場合はエステなどを利用することで、長い目で見ればお金のかからない体作りをしていくことができると思います。