お金をたくさん持つ理由とメリットデメリット

お金は誰もがたくさん持ってみたいと思っていることが多いです。

なぜお金を持っていたいと思うのでしょうか。

お金を持つことでメリットやデメリットはあるのでしょうか。

お金は働かないけれど稼げない、けれど貯蓄することができる

お金は働かないともらうことができません。

そしてたくさんお金を稼ぎたいのなら、よく勉強し優秀な学校を卒業して学歴を付け、大手企業に入社することでたくさんのお金が将来的にもらえるようになります。

すべての人がたくさんもらえるようになるわけではありません。

入社した会社がすべてなこともありますが、お金をたくさんもらえるところで働く事が必要です。

ただ、今すぐはたくさん稼げないけれど、貯蓄していくことは誰にでもできます。

ぜいたくな暮らしはしなくてよいけれど、貯蓄を増やすことで働けなくなった時の将来が少し安心になります。

お金の使い道とは

お金は、人間が暮らしていくための衣食住や、娯楽のために必要です。

多ければ多いほど、良い食べ物洋服、広い家に住むことができ、車などもよいものが乗れるようになれます。

レジャーも豊富に行けるようになりますので、近場の観光から、海外旅行まで、お金を使えばたくさん行くことができます。

また健康を維持するために行く病院にもお金は必要ですし、人を育てるための教育費、老後の資金などにも必要になってきます。

お金があるから人は変わるのか

お金があると、人は性格があり、すぐ使う人とそうでない人と別れます。

すぐ使う人は貯蓄がなかなかできないですし、そうでない人は溜まっていく一方です。

お金があることで様々なことができるようになり、安心することができます。

貯蓄しない人はまた稼げばよいのですが、いつも余裕がない状況になるかもしれません。

人が変わるかどうかはその人の性格によります。

お金との上手な付き合い方とは?

お金は溜めていけば、大きな買い物ができるようになりますが、すぐ使ってしまう人がギャンブルなどに消えていくこともあります。

あまりに節約や貯蓄中心の生活になってしまうと、日々の生活があまり楽しいものでなくなってしまいます。

ですから、稼いだら計画性を持ちながら使っていくのが理想的です。

老人になってからの外出は体力がきつくなってきたり、若い時のほうが楽しめることもあります

お金を持つことのメリット

お金を持っていると大きな買いものがすぐにできることや、日々の生活に余裕が生まれて安心感が生まれます。

緊急の出費などにも耐えることもできますし、精神的な余裕も生まれていきます。

欲しいものがあったらすぐに買うことができますし、日々の生活が楽しく潤っていきます。

お金を持つことのデメリット

お金を持つことにデメリットがあるとは思えませんが、物騒な世の中なので本当にお金もちなら、強盗や誘拐に気を付けたほうが良いかもしれません。

またお金目当てに人が寄ってきたり、裏切られたり、変な勧誘をされることもあります。

お金のトラブルは縁の切れ目とも言います。

相手との関係性を維持していきたいなら、貸し借りはやめたほうが無難です。

まとめ

お金はたくさん持っていたほうが、日々の生活に余裕が生まれて、精神的にも安心できます。

できるだけすぐに使ってしまうより、ある程度溜めておいた方がいざというときに使うこともできます。

計画性をもって使っていくことも大切です。

お金をたくさん持つことは良いことですが、そのお金に人が群がってトラブルが起こることもあります。

貯蓄が増えて来たら、きちんと管理できるように、できれば口外はあまりしないことで、今あるお金を守っていくことが大切です。

お金がないと食べていけないですので、最低限の確保も必要です。